IT坊やだからさ。

ウェブディレクター/プログララマーの現役フリーランスが送るガンダム話

ガンダム

SDガンダム30周年を記念して勝手に好きなプラモ10連発!

投稿日:

SDガンダム30周年を記念して勝手に好きなプラモ10連発!

このブログで度々紹介しているSDガンダム。

実は今年がSDガンダムの30周年であると制作会社「サンライズ」から発表があった。

(発表があったのは2018年7月のこと)

サンライズでは特設ステージを設けているようだ。

「SDガンダム30周年」特設サイト

記念イベントに便乗してSDガンダムファンであるわたしのオススメプラモデルを紹介させてもらおう。

今回は完全に自己満だ。

だがチョイスセンスはあると信じたい。

初代ファーストガンダムからシャア専用赤ズゴック

初代ファーストガンダムから選んだのは「シャア専用赤ズゴック」だ。

通常のズゴックは見た目も大したことがないがシャアが使うと言うだけで全く違う機体に感じる。

もはやブランドだろう。

ファーストガンダムの第29話「ジャブローに散る!」で登場する。

赤ズゴックの印象は強く残っている。

ずんぐりむっくりな体型から想像できないほどの動きで攻めた。

必殺アイアンネイルの一撃で連邦のモビルスーツジムを撃破するシーンはシャアのハイライトかもしれない。

赤ズゴック以降はシャアよりアムロの方がレベルが上がってしまった感じは否めない。

Zガンダムはやはりカッコいい

ガンダムの主人公が乗る機体は必然的にかっこいいものが多いのだが、その中でも「Zガンダム」はお気に入り。

初登場はZガンダム第21話「ゼータの鼓動」で登場する。

この回では「アポリー中尉」がウェブライダーの状態でZガンダムを運んでくる。

「アポリー中尉」は運送屋さんに転職したのだろうか。

Zガンダムがモビルスーツ形態で登場するのは次の第22話「シロッコの眼」である。

そこからのZガンダムの活躍は本編を見てもらえばわかるだろう。

ZZガンダム時代では「ルー・ルカ」が使用していた。

「カミーユ」だけじゃなく「ルー・ルカ」もZガンダムにあってた気がするな。

Zガンダムから百式withハイメガランチャー

次は同じくZガンダムから「百式」を選んだ。

Zガンダムにはティターンズのモビルスーツを中心に数多くのモビルスーツが登場する。

その中でも金色に光っているモビルスーツは百式くらいだ。

ジオもカラーは好きで悩んだが、無駄な三本目の腕はいらないと言うことで却下した。

百式のパイロットはシャアと同一人物の「クワトロ大尉」。

有名なセリフ「まだだ!まだ終わらんよ!」が登場する最終回第50話「宇宙を駆ける」で「シロッコのジオ」と「ハマーンのキュベレイ」と三つ巴の戦いは良い。

Zガンダムは全体的に暗い、そしてムカつくキャラクターも多いがそれでも人間味のある作品だ。

モビルスーツのバラエティも多く見てて飽きなかった。

ジェリドさんもこの作品で登場する。

ガンダムZZからバウ(龍飛)

次はガンダム史上最もリア充な作品と言われたガンダムZZからは「バウ」を選出した。

モビルスーツの形が純粋に良い。

バウのパイロットは「グレミー」である。

アニメなので仕方がないが「グレミー」の裏切りのタイミングは間違えている。

エウーゴと決着が着いてから「ハマーン」を裏切ればよかったものを。

そこはさておき、バウは珍しく和名を持つモビルスーツなのだ。

その名も「龍飛」である。

この名前はガチャポン戦士戦国伝で登場するキャラクターに使われている。

もちろんモデルはバウである。

宇宙編も戦国伝もバウは良い機体だ。

ポケットの中の戦争からケンプファー

次はOVAの「ポケットの中の戦争」で登場する「ケンプファー」だ。

「ケンプファー」とはドイツ語の「戦士」の意味が由来だ。

「ケンプファー」は第4話「河を渡って木立を抜けて」で起動する姿で登場する。

(組み立てや解体シーンは第2・3話でも扱われる)

パイロットは隊長の「シュナイター」や主人公の「バーニー」ではなく「ミーシャ」だ。

ポケットの中の戦争はガンダムにしてガンダムにあらずと言われるがその通りだ。

ポケットの中の戦争は「ガンダムを楽しむ」と言うよりは「戦争の悲しさ」を知る名作だ。

話を「ケンプファー」に戻そう。

作中では連邦のスカーレット隊を撃退する強さも見せる。

しかし対「アレックス」戦では、あまりにも呆気ない倒され方に些か不満もあるぐらいだ。

時間の都合なのか、ハンドガンで倒されたら理不尽すぎる。

わたしとしてはケンプファーの活躍シーンを増やして欲しかった。

逆襲のシャアからヤクトドーガ・ギュネイ機

次は劇場版「逆襲のシャア」から「ヤクトドーガ」を選んだ。

それも「ギュネイ機」の方だ。

理由はカラーが好きだから、それだけ。

逆襲のシャアではモビルスーツの性能が高い。

まず一般兵が使用するモビルスーツが既にハイスペックなのだ。

連邦が「ジェガン」でネオジオンが「ギラドーガ」である。

このギラドーガは量産型でその上位版としてヤクトドーガが存在する。

強化人間やニュータイプ用のモビルスーツという位置付けなのでファンネル使い放題。

ただ相手が悪かったのだ。

逆襲のシャア時代のアムロは強い。

ギュネイでは勝てなかった。

「モビルスーツの性能の違いが、戦力の決定的差ではないということを・・・教えてやる!」

とアムロが言われた時代はとうの昔である。

まさに鬼に金棒。

逆襲のシャアからνガンダム

そして逆襲のシャアの看板モビルスーツは「νガンダム」だろう。

タイピングで「ニューガンダム」と入力すると自動変換で「νガンダム」が表示されることに感動している。

それくらい一般的な機体なのだろう。

ヤクトドーガで既に説明したが逆襲のシャア時代のアムロはとにかく強すぎた。

シャアが「サザビー」で打って出るも勝てない。

主人公が強すぎると面白くないのはわたしだけだろうか。

これを「甲子園の法則」と呼んでいるのだが。

「甲子園の法則」について詳しくはこちらの記事で書いている。

SDガンダム戦記ガチャポン戦士の戦国伝の魅力について語る。

「νガンダムはダテじゃない」

まさにその通りの強さとカッコよさ。

SDガチャポン戦士戦国伝から若殺駆頭

次にSDガチャポン戦士戦国伝から選んだ。

わたしがお気に入りの武者ガンダムは「若殺駆頭」だ。

宇宙編で若殺駆頭のモデルとなったのは「ザクII」らしいが随分と雰囲気は違う。

戦国伝のキャラクターはカブトが命だろう。

戦国伝のキャラクターは宇宙編とは違い、独特の雰囲気がある。

ガチャポン戦士シリーズで登場する若殺駆頭は「闇将軍」の次でナンバー2のポジション。

暗黒軍の強い武者である。

とはいえ、他の暗黒軍が弱すぎるのだが、その辺のゲームバランスは目を瞑ろう。

【ガンダムゲーム】ガチャポン戦士4はバグがクッソ多いぞ!

しかし、3頭身のガンダムの方が親近感があるのはなぜだろう・・・。

SDガンダム円卓の騎士からベルガダラス

次はSDガンダム円卓の騎士から「ベルガダラス」を選んだ。

プラモデルは無いのでカードダスにした。

カードダスとは懐かしすぎる。

モデルは劇場版「機動戦士ガンダムF91」に登場する「ベルガダラス」そのもの。

ただベルガダラスは劇場版F91で登場する機体はあまりカッコよく無い。

そこでベルガダラスは劇場版より円卓の騎士から選んだ。

円卓の騎士において、ベルガダラスが登場するシーンは「ゼダンの要塞」である。

「オーガハンマ」と「ゲルベク」の融合モンスター的らしい。

あと「ゲルググキャノン」も含まれるのか。

とにかく物理的におかしいがそこはアニメである。

ベルガダラスの劇場版のパイロットは「ドレル・ロナ」だが彼の扱いは適当な気がするが。

機動戦士ガンダムF91は連載されるべき

最後に選んだのは同じく劇場版「機動戦士ガンダムF91」の主人公「シーブック」が乗る「F91」にした。

機体のセンスが当時の最先端モデルだろう。

わたしはF91は連載できるコンテンツ力を持った作品だと思っている。

逆に劇場版にしたことで話のスピードが早すぎてわかりづらい部分もあった。

背景を知らない人はなぜ「アンナマリー」と「ザビーネ」が殺しあってるのか不思議に思ったかも知れない。

端折り過ぎである。

「セシリー」一家の構成もしっかりあったりと話もまだまだ冗長化できただろうし、「ドレル・ロナ」などその後の行方がわからない人間もいる。

登場するモビルスーツも良し、「シーブック」と「セシリー」の関係も面白いし、まだまだ話は膨らませれただろう。

「シーブック」は「キンケドゥ・ナウ」という名前で別の作品に登場してたりするが。

F91は劇場版1話完結では勿体無い作品。

過去の作品を見直すと面白い感想になる。

これは見直しのサインなのだろう。

アニメを見ながら、ガンプラでも作ってみるか。

今日も良い1日を。

      

-ガンダム

執筆者:


  1. […] SDガンダム30周年を記念して勝手に好きなプラモ10連発! […]

関連記事

【ガンダム】シャアが搭乗したモビルスーツの機能を分析!

【ガンダム】シャアが搭乗したモビルスーツを一挙大公開!

今回はガンダムシリーズの中でも有名なシャアアズナブルについて。 シャアはガンダムの主人公アムロより印象がある人物だ。 わたしはシャアが初めから特殊な存在であることを示した赤ザク時代からのファンである。 …

【ガチャポン戦士4】ゲームバランス悪すぎ!天下統一編!

【ガチャポン戦士4】ゲームバランス悪すぎ!天下統一編!

先日ガチャポン戦士のレビューのためにエミュレーターを起動した。 これによって「開けてはならない箱」を開けてしまった感覚に陥っている。 それは単純に楽しいのだ。 仕事をほっぽり出してゲームに没頭できるな …

ガチャポン戦士3

SDガンダム戦記ガチャポン戦士の戦国伝の魅力について語る。

今回はITのネタはおいて、ガンダムのネタにどっぷりと浸かろう。 取り扱うゲームは「ガチャポン戦士3」と「ガチャポン戦士4」で登場するガチャポン戦士戦国伝だ。 これらゲームをやった人ならわかるが独特の世 …

ガンダムの適役の名前の由来を調査

ガンダムキャラクターの名前の由来!モデルは誰か徹底調査!

ガンダムファンであれば誰でも知っている悪役の元ネタは誰だ!? こんな疑問はファンなら一度ならず思ったことがあるだろう。 そこでわたしは元ネタが気になりだしたら寝れないタイプなので元ネタを徹底調査した。 …

ガチャポン戦士2は最高のゲームだとレビューする

【ゲーム】ガチャポン戦士2カプセル戦記は最高傑作だ!

気分を変えてゲームレビューをすることにした。 今回は懐かしい作品を紹介する。 きっと平成生まれだと知らないかもしれないな。 ガンダムファンなら知っているだろう、ガチャポン戦士2だ。 発売されたのは19 …

プロフィール

逆襲のジェリド

逆襲のジェリドは史実を覆すべく、復活を遂げた。時代はプログラミングを求める!俺を戦いに駆り立てたのは貴様だ!そんなこと言えるのかよ!

現役ITエンジニアフリーランス。得意分野はphp、Java、Javascript、VB.net、VBA。仕事についてはDMで。このブログではウェブかプログラミング、ガンダムについて徒然なるままに。

詳しくはこちら→ 詳細プロフィール