IT坊やだからさ。

ウェブディレクター/プログララマーの現役フリーランスが送るガンダム話

仕事

IT企業へ転職する前にプログラミングスキルを磨くべき理由!

投稿日:

IT企業へ転職する前にプログラミングスキルを磨くべき理由!

何度かこのブログでも取り上げたがプログラミングができないエンジニアは世の中に存在する。

この話を聞いてあなたはどう思うだろうか。

ITエンジニアといえば高給取りな仕事というイメージがある。

事実2018年現在において時代のニーズがマッチングしている職業だろう。

つまり求人がたくさんある職業であるのは確かだ。

だが安易にIT企業へ転職すると痛手を負う可能性があると、しっかり理解しておいたほうが良い。

特に「プログラミング」ができるかできないかは、今後のキャリアの分け目である。

IT企業へ転職するキャリア設計

結論から述べるとIT企業へ転職するのであれば「プログラミング」ができる人材の条件が好ましい。

わたしはIT業界へ従事して10年以上になる。

現場からエンジニアのキャリアについて思う。

エンジニアとしてプログラミングスキルの有無でIT業界のキャリアが大きく違うという事だ。

そこでIT企業へ転職しようと考えているのであればぜひ検討して欲しい。

それはプログラミングスキルを磨く事だ。

では本当にプログラミングスキルは必須なのか?

初めに断っておくが「IT業界=プログラミング」と考えるのは実は間違えである。

ITと言えばプログラミングだと思うかも知れないが、そんなことはない。

プログラミング以外の要素がふんだんにある。

例えばアプリケーションを作成するとする。

プロマネ、マーケティング、UI設計、インフラ、ネットワーク、デザインそしてプログラミングなどなど。

1つのアプリケーションを作るだけでも、多くの要素が必要になってくる。

それぞれの工程にプロフェッショナルが存在するわけで。

プログラミングはその中の1要素であり全体ではない。

では必要ないのでは?

と考える人もいるだろう。

が、結局はプログラミングスキルは重要である。

プログラミングスキルでポジションが逆転する

プログラミング以外の要素を見てみる。

上流工程になるのは「プロマネ」「マーケティング」「UI設計」など。

これらは顧客とのコミュニケーション能力が必要な分野。

また「インフラ」「ネットワーク」もアプリケーションのスケールによって変化する。

そして「デザイン」や「プログラミング」はコア機能といった感じだ。

この階層はIT業界でよく見るもの。

IT工程をピラミッド化

IT工程をピラミッドにするとこの様に逆ピラミッドで表されるパターンが多い。

だがこれは従来の組織型の構想だという点に気づかなければならない。

これまでのIT業界は頭脳労働になるプログラミングやデザイナーなどが下に配置されてきた。

現在はクリエーター職業の多くはフリーランスとして活躍する世の中になった。

つまり企業がクリエーターを組織に確保するのは困難な時代になったのだ。

するとどうなるのか?

先ほどのピラミッドが逆転する。

ITピラミッドは逆転する

クリエーターの重要性が高まった結果だ。

※ヒエラルキーがあるわけではないので誤解されぬよう。

プログラミングできないエンジニアの設計は後々泥沼化する

また多くのプロジェクトを経験してきたが、コアな作業部分を経験してないエンジニアは上流工程でもうまくいかない。

結局プログラミングスキルがないエンジニアはかなりの確率で使えないレッテルを貼られる。

せっかくIT企業へ転職をするも使えないエンジニアはお断りされるのだ。

まだIT企業へ転職できるだけチャンスがあるのだが。

またプログラミングスキルのないプロマネの下でプロジェクトを進めると後々大変なことになる。

まずプログラミングが苦手な人は設計ができない。

設計が苦手な人は営業に行った方が良さそうだ。

アプリケーションの設計に限らず商品やビジネスは設計が必要になる。

勢いだけで進めるエネルギーも必要だが、毎回勢いだけでは事故るのがオチである。

プロマネにはプログラミングスキルや経験者がやってもらいたい。

ではIT企業へ転職を考えているのであればどうすれば良いのか。

IT企業へ転職する前にプログラミングスキルを磨くべき理由

プログラミングスキルを身に付けづにIT企業へ転職したとしよう。

最初のうちは業務が限られるので精神的にも体力的にも大変だ。

「わからないがわからない」という状態に陥る可能性もこの時期。

心が折れて離脱するのもこの時期。

IT業界への転職とは簡単ではない。

仕事に従事してからの勉強は時間的にも体力的にも大変なのでIT企業への転職を検討するならば事前に学習することをオススメする。

また将来的にはマネージメントの方へ移りたいキャリア設計者であってもIT企業に転職するならプログラミングは必須かと。

理由は先のIT作業工程のピラミッドが示した様に、プロマネは全体を把握する力が必要になる。

そこでプログラミングやデザインのスキルが全くなければ工程管理は難しいだろう。

プログラミングスキルの習得は実作業以外にもメリットはある。

転職先企業との相性が悪い時に離脱できるリスクヘッジにもなるからだ。

プログラミングなど手に職があればフリーランスとしても活躍できる。

将来的にマネージメント側に回る場合でも有効的。

アプリケーションのコアなロジックを理解しておくことでセールスもできるし、マーケターとしても活躍できる。

要は転職で失敗しないのだ。

これが転職を失敗させないためにもプログラミングスキルを磨くことをオススメするわけだ。

プログラミングスキルの習得は簡単ではない

では、プログラミングスキルはどうやってつけるのか。

やり方は究極2つだと思っている。

どちらのやり方でも良いが転職希望者の状況に合わせて選んだ方が良いだろう。

お金なし、時間余りの転職希望者

まずは「お金なし、時間余り」の転職希望者から。

状態としては現在「ニート」か「学生」か。

時間があるのであれば「独学」を勧める。

ただし、プログラミングは一人で没頭することができなければ困難である。

そこでインターネット上にある有益な情報を使いながら学習を進めていくのがオススメだ。


もしくは「Progate」や「Udemy」などの教育オンラインポータルなどもオススメである。


お金あり、時間なしの転職希望者

次に「お金あり、時間なし」の転職希望者へ。

お金があるのなら「時間」というリソースを大切にしよう。

IT企業は合理的社会の極み。

「時間」は有限なので「お金」を投資して合理的に学習を進めるべきだ。

一番分かりやすい方法はプログラミングスクールに通う手段である。

それも就職支援付きの学校が良い。

※トレンド技術に強いプログラミングスクール
3ヶ月間のプログラミングスクール【Tech Boost】
※エンジニアスクール卒業後の就職サポートまで手厚い
転職を本気で考えている方向けのプログラミングスクール!【WebCampPRO】
※個人のキャリアにフォーカスしたマンツーマン授業が可能
フルオーダーメイドのカリキュラム作成できるエンジニア塾【Samurai】

サポートが充実しているエンジニアスクールをオススメする。

職業訓練校でも良いが、時代のニーズとやっている内容がマッチングしてない。

これは現場意識の問題だ。

トレンドに沿った内容を求めるなら民間の方が圧倒的に良質である。

IT業界といえば世界的にも有名なお金持ちが多い。

そんなキラキラした情報を見て転職をする人間もいる様だが、ハッキリ言わせてもらう。

全くリア充とはかけ離れた世界だ!

と。

今日も良い1日を。

      

-仕事

執筆者:

関連記事

少子高齢化はチャンス!ITエンジニアへ転職するキャリア!

少子高齢化はチャンス!ITエンジニアへ転職するキャリア!

少子高齢化が進む現在。 これからの働き方やキャリアを考えるのは一般的だ。 わたしは超少子高齢化社会という現在、職業はライフスタイルの中で非常に大きな要素だと思っている。 また超少子高齢化の波を悲観的に …

IT業界へ転職は何歳まで可能?30代から転職するならIT業界!

IT業界へ転職は何歳まで可能?30代から転職するならIT業界!

わたしの周りにはIT業界の人間が多い。 それはわたし自身がIT業界で生計を立てているからである。 そこで時折こんな質問を受けることがある。 「ITエンジニアは35歳定年説でしょ」 という内容だ。 これ …

ガンダム好きはプログラミングを学習するべき理由

【IT系の仕事】ガンダム好きはプログラミング学習するべき理由!

わたしは見ての通り歴としたガンダム好きである。 でなければこの様な「IT坊やだからさ。」などのタイトルをブログにつけないだろう。 ITの仕事をしながら、わたしはつくづく思うことがある。 それは「ガンダ …

つべこべつべこべと!なぜごめんなさいと言えんのだ!

モンスタープロジェクトから守るITフリーランスのRFP!

フリーランスで生計を立てているわたしだが、今回は企業寄りの内容を書いていく。 主役は「RFP(提案依頼書)」である。 IT業界で働いている人間であれば耳にすることはあるだろう。 ただフリーランスという …

【仕事】IT業界へ就職するならプログラミング学習は必須?

【仕事】IT業界へ就職するならプログラミング学習は必須?

現役ITフリーランスをやらせて頂いて本当に嬉しい瞬間がある。 それは「無駄な」時間に自分を投下しなくて良いことだ。 この「無駄な」時間とは人によって違うがわたしの場合は「事務処理」や「通勤時間」などだ …

プロフィール

逆襲のジェリド

逆襲のジェリドは史実を覆すべく、復活を遂げた。時代はプログラミングを求める!俺を戦いに駆り立てたのは貴様だ!そんなこと言えるのかよ!

現役ITエンジニアフリーランス。得意分野はphp、Java、Javascript、VB.net、VBA。仕事についてはDMで。このブログではウェブかプログラミング、ガンダムについて徒然なるままに。

詳しくはこちら→ 詳細プロフィール