IT坊やだからさ。

ウェブディレクター/プログララマーの現役フリーランスが送るガンダム話

ウェブ

ウェブページ表示速度の重要性!サイト閲覧スピード心理学!

投稿日:2018年9月14日 更新日:

人間50年、下天の内をくらぶれば夢幻のごとくなり。 一度生を得て滅せぬ者のあるべきか。

人間50年、下天の内をくらぶれば夢幻のごとくなり。

一度生を得て滅せぬ者のあるべきか。

わたしの好きな織田信長が気に入っていた言葉だ。

この言葉の意味は次のように解釈している。

人間の人生はせいぜい50年。

天界の一番下の位に位置する下天に比べれば夢でも見てるかのような短さだ。

この世に生まれて来た人間で、死なない人などはいないのだ。

と解釈している。

この解釈の通り、昔(信長の時代)は人生は50年で終わったということだ。

それに比べて現在は寿命が大きく伸びている。

信長の時代の倍の年齢100歳を超える人たちがたくさんいる時代になってきた。

そして資源も恵まれている。

水も火も電気も物質も、全てが簡単に安価に揃う時代になった。

でも、昔に比べて圧倒的に足りなくなってきているものがある。

それは「時間」だ。

それくらい「時間」に対してはシビアな現在だと思っており、その重要性をサイトアクセス分析の立場から書いてみる。

ウェブサイトの表示速度に求める数値

まずはウェブサイトのアクセス時間に対して人がどれくらい「ストレス」を感じているか調べた結果だ。

現在、最も言われているのが「3秒ルール」だ。

多くの情報で言われている3秒以内にページが表示されない「だけ」でページを離脱する割合が増えるという分析結果。

その離脱率は過半数を超えて57%という結果になった。

ウェブサイトが3秒以内に表示されなければ以下のような結果が起こる。

  • 過半数(57%)のユーザーがそのサイトから離脱
  • 80%のユーザーは、そのサイトを再訪しない
  • 商品やサービスへのコンバージョン率の低下

調査結果はこちらの海外サイトを参考にした。

How Does Web Page Speed Affect Conversions? [INFOGRAPHIC]

調査結果から察するに「3秒ルール」が守られないとかなり深刻な影響があるとのこと。

確かにページの表示が遅ければ「ストレス」を感じずにはいられない。

つまり調査結果からウェブページの表示速度は「3秒」が大きな分岐点となると理解した。

ウェブページ表示測定のツールは無料でたくさんあるので参考にされたし。

サイトの表示スピードチェックツールはこの5つで十分!

しかし、それと同時に疑問もある。

表示スピードが大事だからと言って「ウェブページの表示速度をはやめた方がいいですよ」の一点張りでは何か納得しないところもある。

なぜならコンテンツの増加やインターネット環境によって、ページ速度は大きく影響を受け変動するからである。

そこで単に表示速度を早める以外を考えてみた。

ページ読み込み時のJavaスクリプトが主流

そこで最近開始されたサービスを散策すると共通点が見つかったのだ。

それはページ読み込み時のスクリプトが導入されているという点だ。

ページを読み込む際に表示されるスクリプトの例

ページ読み込み時に表示されるスクリプト

ページ表示速度のレスポンスを早めると同時に、スクリプトによって待ち時間を待たせなくさせている。

つまりサイトのコンテンツに到達する前から既に勝負は始まっていることになる。

スクリプトはJavascriptで設定されており「onload」イベントを使用してコードを書くと良い。

ページのbody要素に「onload」イベントを設定する。

もしくは「jQuery」で設定する。

いづれにしても多少のコーディングをする必要がある。

ただこれでサイト表示スピードに対する「ストレス緩和」が可能なら大きなメリットと言えるだろう。

「待ち時間」に対する人間の心理

今回、この記事を書こうと思ったのは単に技術的にサイトのページ表示速度が重要であると言いたいのではない。

ここで最も言いたいのは「待ち時間」に対する人間の心理的な「ストレス」である。

さらに調べてみたところ「待ち時間」が発生する対象によって人は「ストレス」の感じ方が変わってくるのだ。

その傾向を見るとより頻度の高いものに対して「待ち時間」の耐性が低くなっているようだ。

既に説明したがインターネットに対して人間はわずか「3秒」ですら既に「ストレス」になっている。

わずか3秒・・・されど3秒である。

また「待ち時間」の代表格とされる病院の「診察待ち時間」も調べてみた。

するとこちらは15分が「ストレス」の分岐点になっているようだ。

インターネットに比べると頻度が下がるため、「待ち時間」の耐性が強くなっている。

この調査結果からわかることは人は頻度の高いものにこそ、速さを求める生き物だということだ。

同じインターネットの世界であってもページを開く行為と、何か特別なアプリを起動する時間では「ストレス」の耐性が変わってくる理論になる。

これは確かにわたし自身も見覚えのある「ストレス」の感じ方かもしれない。

つまり「頻度の高いもの」=「速度の早いもの」という方程式を覚えておきたい。

サーバーの性能によってページ表示速度は変わってくる

使用頻度の高いものこそスピードが重要になることがわかった。

そこでウェブサイトの場合、次の2点はしっかり考えておきたいところ。

  • ウェブサイトのリソースの最適化
  • ウェブサイトのレンタルサーバースペック

この2点は誰でもできる。

まずウェブサイトのリソースの最適化について。

リソースの最適化を行うには何が最適化されていないか原因をしっかり把握しておくことだ。

ウェブサイトのパフォーマンス分析はこちらの記事を参照されたし。

サイトの表示スピードチェックツールはこの5つで十分!

サイトの表示スピード計測の結果からリソースがどう最適化されていないかしっかり把握することがまず最初の一歩だろう。

次にレンタルサーバーのスペックである。

アクセス数が低いうち(月1万PV以下)であれば特にどこのレンタルサーバーを利用しても大差はないだろう。

ただし、アクセス数が増加するとパフォーマンスに大きな違いが出てくる。

またウェブサイトの移行を行ったことがなければ途中でレンタルサーバーを切り替えるのにも手間がかかる。

全てのコスパを考えるとエックスサーバーのx10プランが最も最適だと考える。



サーバーの性能差は自身でサイトをアクセスすればその差を体感できる。

ウェブサイトに多くのコンテンツを入れ込んでいくのであれば、基盤のサーバーはしっかりしておきたいところだ。

しかしながら、信長の時代は人間50年と言いながら人生に「時間」はたくさんあった。

今は人生100年の時代で全ての物事が数百倍の速さで進むようになったが、人は「時間」を持て余してるようには感じない。

信長が現世に存在したのならウェブサイトを見てどう思うだろうか。

「開かぬなら 閉じてしまえ ウェブサイト」

いつの時代も信長公は短気で有名だろう。

今日も良い1日を。

      

-ウェブ

執筆者:


  1. […] ウェブページ表示速度の重要性!サイト閲覧スピード心理学! […]

  2. […] ウェブページ表示速度の重要性!サイト閲覧スピード心理学! […]

関連記事

【SEO】ウェブサイトを始めるならインデックス登録は必須!

【SEO】ウェブサイトを検索エンジンにインデックス登録する理由!

ウェブサイトを作成した後に、行う作業はたくさんある。 その一つに「インデックス登録」がある。 この「インデックス登録」とはウェブサイトを検索エンジン内で「クローリング」してくれる仕組みに組み込む作業だ …

特殊文字のエンティティ化

WordPressにHTMLやPHPのタグを表示させる方法!

今回は特殊文字のエンティティ化について書こう。 特殊文字のエンティティ化とは、WordpressでHTMLやPHPのタグ文字を表示させる方法だ。 規則が決まっているので1度覚えてしまえば何も問題ない。 …

AnalyticsとSearchConsoleの合わせ技

【SEO】自分のサイトの検索キーワードを調べる方法!

自分のサイトが何という「キーワード」で検索されているのか調べる方法を書いてみよう。 「キーワード」とは検索窓に入力する単語のこと。 この「キーワード」が自分の意図したものと一致しているかどうかがウェブ …

【SEO】ブログやウェブサイトを見てもらえる手法10選!

【SEO】ブログやウェブサイトを見てもらえる手法10選!

わたしの職業はウェブデザイン兼ウェブマーケティング。 常にインターネットと共同生活を送るこの仕事をやっていると世間の皆さんがどんな内容に注目するのかよくわかる。 ウェブサイトを見てもらえばわかるがどれ …

怪しいと言われる時がチャンス!アフィリエイトするべき理由!

怪しいと言われる時がチャンス!アフィリエイトするべき理由!

最近はブロガーも芸能人並みに知名度が高い人が出てきた。 しかしインターネット業界は現実世界とは違って個人差がある。 いまだにブロガーが生計を立てる手法である「アフィリエイト」を怪しいと言っている人が多 …

プロフィール

逆襲のジェリド

逆襲のジェリドは史実を覆すべく、復活を遂げた。時代はプログラミングを求める!俺を戦いに駆り立てたのは貴様だ!そんなこと言えるのかよ!

現役ITエンジニアフリーランス。得意分野はphp、Java、Javascript、VB.net、VBA。仕事についてはDMで。このブログではウェブかプログラミング、ガンダムについて徒然なるままに。

詳しくはこちら→ 詳細プロフィール