IT坊やだからさ。

ウェブディレクター/プログララマーの現役フリーランスが送るガンダム話

ソフトウェア

MAMPを使ってMacbookにWordPressをインストール!

投稿日:2018年9月14日 更新日:

MAMPを使ってMacbookにWordPressをインストール!

ウェブサイトの更新をしたり検証を行いたい時、いきなりFTPでサーバーのファイルをいじってしまのは非常に危険である。

わたしも昔、FTPでサーバーへ繋ぎ謝ってファイルを消してしまった経験がある。

その謝った操作によって一瞬でウェブサイトが消滅してしまった。

それはまさに事故だ。

事故は起こしてはならぬ。

では、ウェブサイトの更新や検証はどうすれば良いのか。

Macbookをお使いの皆さんへ届けたいソフト、今回紹介する「MAMP」である。

MAMPを使用することでMacbookのローカル環境にWordpressをインストールしあたかもウェブ上に公開されたサイトのようにウェブサイトのデモを見ることが可能になるのだ。

では、その初歩としてMacbookにMAMPをインストールし、その後Wordpressを起動するまでの手順を書こう。

MAMPをインストールする

まずはMAMPをインストールするところから始める。

MAMPの名前の由来は・・・Macintosh, Apache, MySQL, PHPの省略。

つまりMacbookに特化したソフトウェアなのだ。

MAMPのインストールについてはリンクを貼っておく。(英語サイト)

MAMP & MAMP PRO

ではインストールの手順だが、いたって簡単だ。

まずMAMPには無料版と有料版がある。

わたしはMAMP無料版だけで十分ことが足りているので無料版を使っている。

もっと高次の機能を使用したいのであればMAMP有料版を使ってみるといいかもしれない。

わたしは使ったことがないからわからないが。

先ほどのリンクから「FREE DOWNLOAD」をクリックすると対象のOSを選ぶ画面に遷移する。

なんとMAMPの語源が「Macintosh, Apache, MySQL, PHP」の略称にも関わらずWindows版も開発されていた。

わたしはMacbookを使用しているので「macOS」版をダウンロードした。

インストールの手順はここで書く必要がないほど簡単なので省略する。

「続ける」を選択していけば何も問題なくインストールが完了する。

(ただし容量が1.4GBほど必要)

MAMPがインストールされたか確認する

MAMPがしっかりインストールされたかどうか確認するのは簡単。

インストールと同時にMAMPがブラウザを起動するのでこれで完了。

と、言いたいがそれだけだともやは面白くないのでしっかりブラウザで確認しよう。

MAMPがインストールされて起動しているか確認するにはブラウザに「localhost」と入力するとブラウザ上で「It works」と表示されれば完了。

正確にいえばMAMPがインストールされてAppachが起動していることまで確認が取れたことになる。

MAMPはGUIで管理されているのでデフォルトでインストールすれば以下のディレクトリにアプリが格納されている。

/Application/MAMP/MAMP.app

もしくはLancherにゾウさんマークのMAMP.appがあるのでそこから起動すれば良い。

さらにMAMPが優秀なのは自動的にMySQLも構築してくれているところだ。

ブラウザに「http://localhost:8888/phpmyadmin/」と入力するとPHPmyAdminが起動するように設定されている。

ちなみに「localhost」の後ろにある「8888」とはポート番号である。

MAMPはデフォルトでは「8888」番を使用しているという意味。

特に気にしなくても良いが、ITフリーランスとしては言わずにはおれない。

WordPressをインストールする

最後にMAMPにWordpressをインストールする操作だ。

まずWordpressの最新版をダウンロードする。

WordPress を入手

このリンクからWordpressをダウンロードすることができる。

ダウンロードされたWordpressはデフォルトでは「Zipファイル」になっているので解凍する。

次に解凍したWordpressフォルダ全体を移動させる。

移動先はMAMPフォルダの以下のディレクトリだ。

/Application/MAMP/htdocs/

これでWordpressのインストールの完了。

なんとも原始的なやり方だろう。

WordPressは高機能なソフトのわりにインストールは非常に物理的で簡単だ。

ではWordpressがインストールされたかどうか確認する。

ブラウザより「localhost:8888」と入力する。

するとWordpressの初期設定画面が表示される。

これで全て完了。

あとはレンタルサーバー同様にWordpressの設定を進めていけば良いだけだ。

MAMPは非常に便利なソフトウェアで、cakePHPとの相性も良い。

cakePHPのことについてはこちらの記事を参考にされたし。

MacはMAMPで実行!cakePHPは超簡単に使えるのでオススメ!

しかしながら最近は己の技術力を過信しすぎている連中が多い。

そんな輩が時折事故を起こすのを見ると「ザマァ」と思ってしまうものだ。

サーバーのファイルを壊すなんてけし・・・あ。

消し忘れたんだろうな。

今日も良い1日を。

      

-ソフトウェア

執筆者:


  1. […] MAMPを知らない人はこちらの記事を参考にされたし。 […]

関連記事

大尉はまるでFTPの様だ

【オススメのFTPツール】FTPの仕組みを徹底解説!

ウェブサイトを運用するなら必ず意識しなければならないウェブサーバーの存在。 そのウェブサーバーとのやり取りを担うのがFTPツールである。 そう、ウェブサイトを運用するなら必ず必要になるのがFTPである …

【Slackの便利な使い方】APIの使い方を徹底解説!

【Incoming Webhooks/Slach Commands】SlackのAPIを使ってみた!

ITエンジニアがよく使っているツールの紹介をしよう。 今回はご存知の方も多いだろうが「Slack」について。 わたしもフリーランスエンジニアとして関わらせてもらっている企業さんではコミュニケーションツ …

エクセルでvbaを使って簡単に事務処理をこなす

【便利】エクセル最強説!マクロがあれば時間の節約可能!

わたしは同じことを繰り返すのが非常に嫌なタイプの人間だ。 同じことを繰り返すくらいなら新しい物を導入して改善したいと思ってしまう、お節介な人間。 だから事務処理などヘドが出る。 わたしには似合わない。 …

#2)完全無料のRPAExpressを一通り操作した結果!

#2)完全無料のRPAExpressを一通り操作した結果!

前回のRPAExpress導入編を書いてから続きを書いてなかったので第二弾を書いていこう。 前回のRPAExpressの導入編はこちらのエントリーで見れるようになっている。 #1)RPAツールが無料! …

mampで使うcakephpは簡単

MacはMAMPで実行!cakePHPは超簡単に使えるのでオススメ!

cakePHPのWeb環境をMacbookの内部で構築した。 その実績をメモして残しておこう。 cakePHPという代物をご存知だろうか? PHPはWordpressをはじめとした多くのWebサイトや …

プロフィール

逆襲のジェリド

逆襲のジェリドは史実を覆すべく、復活を遂げた。時代はプログラミングを求める!俺を戦いに駆り立てたのは貴様だ!そんなこと言えるのかよ!

現役ITエンジニアフリーランス。得意分野はphp、Java、Javascript、VB.net、VBA。仕事についてはDMで。このブログではウェブかプログラミング、ガンダムについて徒然なるままに。

詳しくはこちら→ 詳細プロフィール