IT坊やだからさ。

ウェブディレクター/プログララマーの現役フリーランスが送るガンダム話

仕事

【IT業界は安定なのか?】転職するなら情報を集めるべき!

投稿日:2018年9月15日 更新日:

【IT業界は安定なのか?】転職するなら情報を集めるべき!

「ITフリーランスは稼げるだろう」という人が多い。

しかし、稼げるフリーランスと稼げないフリーランスはピンキリ。

これはITフリーランスに限った話ではないが。

フリーランスとは個人の信用と技術で成り立っているので力なき者は簡単にリングアウトされてしまう。

わたしは幸いにもリングで戦わせてもらっているが、決して簡単な訳ではない。

そして時折勘違い甚だしい質問をぶつけてくる連中がいるので、今回はしっかりとその質問に答えようと思う。

それは「IT業界へ転職したら安定するでしょ?」という質問だ。

「IT業界にいたら安定する」という定義はどこから出てきたのだろうか。

まずその思考に問題が・・・

と正面切ってぶった斬るだけでは論理的ではない。

そこでわたし自身客観的にIT業界を見直すという意味で書いてみよう。

IT業界へ転職すれば安定するは幻想

まず結論から述べておこう。

「IT業界へ転職すれば安定する」というのは幻想であるということだ。

いや、正しくはどの産業に従事するにせよ「職業=安定」と考える時点で安定とは遠いと理解しておきたい。

その中でもIT業界はどうなのかを今回は書いていこう。

確かにIT業界に注目するのもわかる。

IT業界は歴史的にも新しい産業であり、先進的な産業であるのは確かだ。

つまり既得権で占拠されている産業よりはチャンスや自由度は高い。

それにインターネットや仮想通貨技術など新しい技術が登場しているのもIT業界だ。

しかし「IT業界にいたら安定する」とは大真面目に思わない。

IT業界に関わらずどの業界へ転職しようとも「安定」を求めるのはこのご時世難しいだろう。

もしもまだ「国に守られる」と信じるのであれば今すぐ公務員専門学校へ入学することをオススメする。

法律資格・公務員試験のスクール【伊藤塾】

そうでないと思う人は真剣に「転職」について考えてみようじゃないか。

「IT業界に就職すれば安定する」は幻想と書いたが、IT業界は今伸びている産業であることは確かである。

つまり成熟しきっている他の産業や職業よりはまだ新規参入する価値が高い産業であることは確かだ。

【IT業界へ転職】まだまだ参入可能な理由

本人のやる気があるのなら、IT業界へ転職することは全くもってオススメしたい。

ではIT業界が新規参入価値が高い業界だということを調査結果から書いていこう。

産業別に業界の伸び率を指標したグラフを参考にした。

業界別 増加率ランキング

このサイトを見てもらえばわかるが、トップ10の中にIT業界に含まれる産業は4つも入っている。

(インターネット:1位、ネット広告:3位、ゲーム:7位、サービス:8位)

そしてIT業界が強い理由の1つに、パソコンを使わない業務は存在しないということだ。

その他の産業であっても、IT技術を駆使してない産業は存在しない。

つまりIT業界とは既に社会基盤を支える産業になっているのだ。

社会基盤とは一昔前までは電力会社や鉄道などインフラ系の業界だけを指していた。

今でもそれらの産業は社会基盤を担っているが鉄道業界や金融業界などは社会インフラが変わり、既に本業だけでは食べていけなくなってきている。

(鉄道業界は車社会によって縮小傾向)

(金融業界は海外貯蓄や仮想通貨技術によって縮小傾向)

つまり「安定」とは程遠くなってきているのが実態。

IT業界は先ほどのグラフが示しているように今の世の中に必要な社会基盤を提供する産業になっている。

これは事実だ。

つまり「IT業界へ転職すれば安定する」と考える人が出てくるのもわからなくはない。

ただその思考は間違えているとは言わせてもらうが。

IT業界はチャンスは豊富にある

仕事選びは人生において非常に重要だ。

これはIT業界だからとかそういうレベルのことではない。

仕事とは人生の大きな割合を占める要素である。

つまり仕事が楽しくないは人生が楽しくないと言ってるのと同じレベルだ。

逆に仕事が楽しいは人生が楽しいと言えるレベルなのだ。

それを踏まえて仕事を真剣に探すことは非常にオススメしたい。

つまり仕事探しの基準を「安定」から「楽しさ」や「充実感」にシフトすることがここでは大事だと考える。

「楽しさ」や「充実感」は人によって違うのでどの業界が適切かどうかはここでは愚問だ。

ただ「何がしたいかわからない」状態であるならばIT業界へ挑戦するのは「あり」だと個人的には考える。

理由はチャンスが豊富にあるからだ。

既に言っているが他の分野は成熟しきっている産業がほとんどだ。

特に日本のように物質的に豊かになった国では製造や飲食などの分野は熾烈を極める。

これらの産業では非常に高い品質を提供するも単価が上げれないのはこのせいだ。

飲食業界はブラック企業ばかりが連なっているのには原因がある。

また100円均一のクオリティの高さにウォールマートは日本進出を諦めたのは有名な話。

それくらい日本の製造や飲食の分野は成熟しきっているのだ。

だがIT業界となるとまだ成熟どころか未知の領域の方が大きい。

そういう意味で他の分野よりチャンスは大いにあると言える。

転職を考えるならまずは「情報」を集める

最初にも言ったが「IT業界へ転職すれば安定する」という概念はまず否定させてもらう。

ただIT業界はこれからもっと伸びる業界であることは明白だとデータでわかった。

もしIT業界ないし、業界を変えて転職するなら「情報」をまず集めるところから始めた方が良い。

今では転職エージェントも無料で相談に乗ってくれる時代になった。

まず「情報」が足りないから「IT業界へ転職すれば安定する」という考え方が出るとも言えるのだ。

「情報」は自ら取りに行かなければ向こうから来る事はない。

【転職サイトまとめ】
※リクナビネクスト転職決定人数部門1位の転職エージェント【WORKPORT】
IT・インターネット・ゲーム業界専門の転職コンシェルジュ【WORKPORT】
※キャリアアドバイザーからのマッチングの信用が高い転職エージェント【パソナ】
大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】
※学習プログラムとキャリア支援の転職エージェント【TECH::EXPERT】
未経験のITエンジニア転職なら【TECH::EXPERT】

もしわたしが転職するなら何をするか。

海外就職も考えてみたいものだが、まずは言葉の壁から・・・。

今日も良い1日を。

      

-仕事

執筆者:

関連記事

IT業界へ転職は何歳まで可能?30代から転職するならIT業界!

IT業界へ転職は何歳まで可能?30代から転職するならIT業界!

わたしの周りにはIT業界の人間が多い。 それはわたし自身がIT業界で生計を立てているからである。 そこで時折こんな質問を受けることがある。 「ITエンジニアは35歳定年説でしょ」 という内容だ。 これ …

【IT就職】プログラミングが難しい理由を論理的に説明!

【IT就職】プログラミングが難しい理由を論理的に説明!

IT系の企業へ就職することを考えているのであれば必ず通らなければならない道がある。 それはプログラミングだ。 プログラミングが出来るか出来ないかでIT企業への就職率は大きく変わってくる。 だがプログラ …

少子高齢化はチャンス!ITエンジニアへ転職するキャリア!

少子高齢化はチャンス!ITエンジニアへ転職するキャリア!

少子高齢化が進む現在。 これからの働き方やキャリアを考えるのは一般的だ。 わたしは超少子高齢化社会という現在、職業はライフスタイルの中で非常に大きな要素だと思っている。 また超少子高齢化の波を悲観的に …

【IT注意】その単語の意味は何?よく使うIT用語11選!

意味がわからないけど今更聞けない!よく使うIT用語11選!

IT業界では当たり前のように飛び交う言葉たち。 それが故に一般の方と話ができない時がある。 これが非常に困ったものだ。 わたしもどこまでが一般用語なのかよくわかっていない。 そこで、ついつい使ってしま …

【IT就職】現役ITフリーランスが伝えるメリットとデメリット。

【IT就職】現役ITフリーランスが伝えるメリットとデメリット。

現役ITフリーランスエンジニアで生計を立ててる身としてこんなエントリーを作ってみた。 フリーランスのメリットとデメリット。 特にわたしが関係しているIT業界の会社員に絞って今回は話を進めよう。 きっと …

プロフィール

逆襲のジェリド

逆襲のジェリドは史実を覆すべく、復活を遂げた。時代はプログラミングを求める!俺を戦いに駆り立てたのは貴様だ!そんなこと言えるのかよ!

現役ITエンジニアフリーランス。得意分野はphp、Java、Javascript、VB.net、VBA。仕事についてはDMで。このブログではウェブかプログラミング、ガンダムについて徒然なるままに。

詳しくはこちら→ 詳細プロフィール