IT坊やだからさ。

ウェブディレクター/プログララマーの現役フリーランスが送るガンダム話

ウェブ

【SEO】自分のサイトの検索キーワードを調べる方法!

投稿日:

AnalyticsとSearchConsoleの合わせ技

自分のサイトが何という「キーワード」で検索されているのか調べる方法を書いてみよう。

「キーワード」とは検索窓に入力する単語のこと。

この「キーワード」が自分の意図したものと一致しているかどうかがウェブ屋さんの腕の見せ所になるのだ。

そこで今回は自分のサイトの検索キーワードが何であるか調べる方法について書いておこう。

手順は非常に簡単である。

「 Google Analytics」を使用して検索キーワードを知る

まず度々登場する「Google Analytics」を用いた検索キーワードの調査だ。

「Google Analytics」の導入方法はこちらから。

【Wordpress】Google Analyticsのトラッキングコード設定!

それでは「Google Analytics」へログインする。

メニューより「行動」→「概要」を選択する。

するとサイトのページビュー数や訪問者数などの表示が現れる。

この一覧の下にページ毎のアクセス数と割合が示された横棒グラフがある。

GoogleAnalyticsで検索キーワードを表示

この一覧に表示されているページリンクか、もしくは「レポート全体を見る」をクリックする。

するとウェブサイトに登録されているURLがアクセス数順に表示されている。(デフォルトはアクセス数昇順)

そこから「キーワード」を調べたいページURLを選択する。

特定のURLページにフォーカスした後に、一覧の上にある「その他」から「集客」→「キーワード」と選択する。

GoogleAnalyticsで検索キーワードを表示

これにより選択したURLページに流入しているキーワードを知ることが可能である。

ただし「Google Analytics」でのサイトアクセスキーワードを解析するとほとんどの結果が「(not set)」か「(not provided)」になっている。

これはGoogleがウェブアクセスのセキュリティ強化に伴い実施している対策によるものだ。

ウェブサイトも「https://」が求められるようになり通信の暗号化が標準設定となった。

この結果「Google Analytics」では検索キーワードを暗号化され表示できないようになったのだ。

「Google Search Console」を使用して検索キーワードを知る

では「Google Analytics」で「(not set)」か「(not provided)」となった検索キーワードはお手上げしかないのか。

否、まだ諦めるのは早い。

次に検索キーワードを補填してくれるのは「Google Search Console」である。

「Google Search Console」への登録方法はこちらを参考にされたし。

Google Search Consoleの効果と登録方法!

では「Google Search Console」にて検索キーワードを調べる方法をここに書いていこう。

まず調べたいウェブサイトの「プロパティ」を選択する。

その後ダッシュボードより「検索トラフィック」→「検索アナリティクス」と進めるとページのクリック数や表示回数などを分析した画面になる。

次に「クエリ」にラジオボタンがついた状態から「ページをフィルタ」を選択する。

GoogleConsoleで検索キーワードを表示

調べたいページURLをフルパスで入力すると検索キーワードが表示されるようになる。

「Google Analytics」と「Google Search Console」の合わせ技で検索キーワードを探す作業はこれで完了。

Google以外のサービスを使用して調査

ここまでのやり方は全てGoogleが提供しているサービスを使用してきた。

それで構わないのだが、それ以外のやり方もここでは載せておこう。

それは「キーワードファインダー」というツールを使う。

キーワード検索に強いキーワードファインダー

このツールを使うことで検索キーワードを調べることが可能になる。

他にもSEO関連の機能が豊富についているようだが、わたしはその他の機能を使用したことがないのでわからない。

興味がある人はご自身で登録しておくれ。

キーワードファインダーHP

検索キーワードを調べることができる「キーワードファインダー」を紹介したが、注意点もある。

無料で使える期間は7日間のみという点だ。

従って「Google Analytics」と「Google Search Console」の合わせ技で十分かと思われる。

わたしの勝手な話だが「納豆」と「わさび」の合わせ技は非常に美味しい。

ぜひお試しあれ。

今日も良い1日を。

      

-ウェブ

執筆者:

関連記事

【SEO】「http」から「https」に切り替えた方が本当にいいの?

【SEO】「http」から「https」に切り替えた方が本当にいいの?

仕事柄ウェブサイト立ち上げ時にインフラの要件定義を行う。 ウェブ屋としてはウェブサイトの基盤となるインフラ設計は重要なので色々と言わせていただくのだが、その中でも重要になるのウェブサイトのセキュリティ …

Google Search Consoleの設定

Google Search Consoleの効果と登録方法!

Webアクセス解析で使用する「Search Console」について書いていこう。 実際、わたしは「Search Console」を使用したことで多くの情報を収集することが可能となったので純粋にオスス …

【SEO】ブログやウェブサイトを見てもらえる手法10選!

【SEO】ブログやウェブサイトを見てもらえる手法10選!

わたしの職業はウェブデザイン兼ウェブマーケティング。 常にインターネットと共同生活を送るこの仕事をやっていると世間の皆さんがどんな内容に注目するのかよくわかる。 ウェブサイトを見てもらえばわかるがどれ …

GoogleChromeのリダイレクト問題解決策

【Google Chrome】勝手にページがリダイレクトされる時の対処方法!

先日より使っているGoogle Chromeが時折変な動きをする。 それは決まってこのサイトへリダイレクトされてしまうという現象だ。 (このサイトにアクセスしないでください、ウイルス感染しても責任はと …

人間50年、下天の内をくらぶれば夢幻のごとくなり。 一度生を得て滅せぬ者のあるべきか。

ウェブページ表示速度の重要性!サイト閲覧スピード心理学!

人間50年、下天の内をくらぶれば夢幻のごとくなり。 一度生を得て滅せぬ者のあるべきか。 わたしの好きな織田信長が気に入っていた言葉だ。 この言葉の意味は次のように解釈している。 人間の人生はせいぜい5 …

プロフィール

逆襲のジェリド

逆襲のジェリドは史実を覆すべく、復活を遂げた。時代はプログラミングを求める!俺を戦いに駆り立てたのは貴様だ!そんなこと言えるのかよ!

現役ITエンジニアフリーランス。得意分野はphp、Java、Javascript、VB.net、VBA。仕事についてはDMで。このブログではウェブかプログラミング、ガンダムについて徒然なるままに。

詳しくはこちら→ 詳細プロフィール