IT坊やだからさ。

ウェブディレクター/プログララマーの現役フリーランスが送るガンダム話

ウェブ

Google Search Consoleの効果と登録方法!

投稿日:2018年9月11日 更新日:

Google Search Consoleの設定

Webアクセス解析で使用する「Search Console」について書いていこう。

実際、わたしは「Search Console」を使用したことで多くの情報を収集することが可能となったので純粋にオススメしたい。

「とりあえず登録しとけ」と言う言葉は何も考えてない感じがして好きにはなれないが、その言葉が当てはまるかもしれない。

具体的に「Search Console」について書いてみよう。

「Google Search Console」の登録方法

まずは「Search Console」に登録するところから。

登録しなければ何も始まらないので。

「Google Search Console」はGoogleが提供しているのでGoogleアカウントが必要になってくる。

この辺りは以前「Google Analytics」と同じだと思ってもらえば良いだろう。

【WordPress】Google Analyticsのトラッキングコード設定!

で、「Search Console」も同じくGoogleアカウントを使用して登録していく。

Search Console

Googleアカウントでログインしたら、右上にある「プロパティを追加」を選択する。

登録するWebサイトURLを登録すればOKだ。

登録手順としてはたったこれだけ。

非常に簡単。

「Search Console」に登録するとメッセージで案内が来る。

Google Search Consoleの大きな機能4つ

いづれの項目を選択しても「Search Console」のダッシュボードへ入っていく。

Search Consoleの機能が豊富

「Search Console」は登録が簡単にできるのだが、機能は豊富に存在する。

具体的に言えば大きく5つの機能がある。

それぞれ書いてみよう。

インデックスの設定・エラー検出

まず「Search Console」に登録する最もな利点がこれ。

インデックスの設定とエラー検出である。

インターネット上に記事を公開するとGoogleの検索エンジンがクローリングと言って巡回する作業を行う。

その時に記事をクローリングしてもらい、検索結果として表示されるようにインデックス(索引)を貼ってもらうと言うのが流れ。

ほとんどの場合でしっかりインデックスが貼られるのだが、時折インデックスが何かしらの理由で貼られない場合がある。

そうなるとせっかく書いた記事が検索結果に正しく反映されなくなる。

正しく反映されないのは損だ。

損失を回避するためにもインデックスが貼られない原因はサイト運営者として知っておきたいところ。

そこでエラー検出をするのが「Search Console」の機能の1つなのだ。

検索キーワードの取得

サイトアクセス解析に欠かせないのがキーワード検出。

自身のサイトにアクセスしているユーザの検索キーワードを取得する機能。

しかも検索キーワード毎に「表示回数・掲載順位・クリック数・クリック率(CTR)」をそれぞれ分析できる。

検索キーワードを知ることで自身のサイトの価値がわかるのは非常に大きなポイントだ。

キーワード毎に「表示回数・掲載順位・クリック数・クリック率(CTR)」の一覧を取得しCSVにしてダウンロードすることが可能。

分析好きにはたまらんだろう。

わたしはやらないが。

掲載順位によってクリック数やCTRなどが大きく変化することから「SEOは終わった」など言われる今でもやはり掲載順位の影響は非常に強い。

クローリングによるサイトエラーを検出する

わたしが特にお世話になっている機能がこのサイトエラー検出だ。

主にクローリング時にサイトURLのページ取得ができたかどうかエラーで検出する機能だ。

また特にお世話になったのが「AMP」でのページ表示に対して。

「AMP」とはモバイルに対応したページ表示をするフレームワークである。

普段、サイトはパソコンで構築しているのでモバイル版はAMPで対応することが多い。

「Search Console」ではAMPで表示するページもしっかりエラー検出してくれる。

非常にオススメの機能だ。

Google利用規約違反の確認

インターネット業界に関わるのならGoogleには逆らえない。

Googleが示している利用規約はしっかり確認し、フォローしておかなければサイト毎消滅させられる場合もある。

規約違反などがあった場合に正しく通知してくれる機能を「Search Console」は兼ね備えている。

違反内容がわかれば対策は簡単だ。

サイトマップ登録

最後はWEBサイトのサイトマップを登録する機能。

サイトマップを登録しておくことでGoogle検索エンジン内にて自身のサイトのクローリングをスムーズに行ってくれるようになる。

逆に言えばしっかりサイトマップを登録しておかなければならない。

ただサイトマップの登録は簡単。

サイトマップの登録方法は別途記事を参照されたし。

【Wordpress】Yoastを使って簡単にサイトマップを作成!

一度登録しておけば放置でもない

Googleが提供するサービスの展開は非常に早い。

したがって今説明している「Search Console」もいつ変更するか、無効になるかわからない。

実際、マイナーチェンジは日々行われているだろう。

それくらい変化の早いインターネット業界だ。

遅れても仕方ないのだが、常にアンテナは張っておきたい。

「Search Console」自体も少し前までは「Google ウェブマスターツール」と呼ばれていた。

名称が変わるだけならどうでも良いが、機能が変わるときは注意しておきたいところ。

まだまだわたしは負けんぞ。

今日も良い1日を。

      

-ウェブ

執筆者:


関連記事

【SEO】ブログやウェブサイトを見てもらえる手法10選!

【SEO】ブログやウェブサイトを見てもらえる手法10選!

わたしの職業はウェブデザイン兼ウェブマーケティング。 常にインターネットと共同生活を送るこの仕事をやっていると世間の皆さんがどんな内容に注目するのかよくわかる。 ウェブサイトを見てもらえばわかるがどれ …

【SEO】「http」から「https」に切り替えた方が本当にいいの?

【SEO】「http」から「https」に切り替えた方が本当にいいの?

仕事柄ウェブサイト立ち上げ時にインフラの要件定義を行う。 ウェブ屋としてはウェブサイトの基盤となるインフラ設計は重要なので色々と言わせていただくのだが、その中でも重要になるのウェブサイトのセキュリティ …

特殊文字のエンティティ化

WordPressにHTMLやPHPのタグを表示させる方法!

今回は特殊文字のエンティティ化について書こう。 特殊文字のエンティティ化とは、WordpressでHTMLやPHPのタグ文字を表示させる方法だ。 規則が決まっているので1度覚えてしまえば何も問題ない。 …

サイトのページ表示スピード計測ツール

サイトの表示スピードチェックツールはこの5つで十分!

調べていて最もハラタツ瞬間。 それはページが表示されないことだ。 わたしはせっかちな性格なので、調べ物をしている時こそ、スピードが命の人間である。 そんな時にレスポンスの悪いサイトがあったら即終了。 …

AnalyticsとSearchConsoleの合わせ技

【SEO】自分のサイトの検索キーワードを調べる方法!

自分のサイトが何という「キーワード」で検索されているのか調べる方法を書いてみよう。 「キーワード」とは検索窓に入力する単語のこと。 この「キーワード」が自分の意図したものと一致しているかどうかがウェブ …

プロフィール

逆襲のジェリド

逆襲のジェリドは史実を覆すべく、復活を遂げた。時代はプログラミングを求める!俺を戦いに駆り立てたのは貴様だ!そんなこと言えるのかよ!

現役ITエンジニアフリーランス。得意分野はphp、Java、Javascript、VB.net、VBA。仕事についてはDMで。このブログではウェブかプログラミング、ガンダムについて徒然なるままに。

詳しくはこちら→ 詳細プロフィール