IT坊やだからさ。

ウェブディレクター/プログララマーの現役フリーランスが送るガンダム話

Wordpress

【WordPress】Google Analyticsのトラッキングコード設定!

投稿日:2018年9月10日 更新日:

見せて貰おうか。GoogleAnalyticsの性能とやらを!

サイトを運営していると気になるのはアクセスだ。

アクセスにWEB関係の人間は喜怒哀楽を表すものだ。

わたしも修行した心身であるが、いまだに煩悩が過ぎるものだ。

それと同時に、アクセス数に関しては重要だと思っている。

今やPV至上主義と呼ばれるようにPVを獲得してナンボと謳うブロガーは多い。

事実PV数を獲得することは大きな利益につながるからだ。

では、PV数を獲得するには・・・

と、その前にPV数がどれくらい獲得できているのかしっかりわかっておかなければ話にならない。

今回はWEBブロガーなら誰でも知っているであろう「Google Analytics」の使い方でも書いてみようじゃないか。

Google Analyticsの正体とは

では、問題だ。

現代を牛耳ってる会社はどこだ。

・・・

「Googleと言いなさい!」

そう、現在社会を牛耳ってるGoogle神。

彼に気に入られるか嫌われるかで大きく人生が変わる人もいる。

わたしもそんな類の人間になるのだろうか。

ただGoogle神はお寺の神と違って、お賽銭にお金を投じれば良いと言うものではない。

もっと論理的なアプローチをしなければGoogle神はあなたを気に入ってはくれないだろう。

その論理的なアプローチとは良質なコンテンツを提供できるかである。

良質なコンテンツこそが現在Google神がもっとも気に入ってくれる素材なのだ。

では、どうやったら良質なコンテンツだと判断されるのか。

それはユーザー、つまり読者が求めている情報をしっかり提供できているコンテンツかどうかな話だ。

では、更にどうやって読者が求めている情報だと判断するのか。

この答えの基準の1つにアクセス数があるのだ。

アクセス数を分析するツールが「Google Analytics」と言うわけだ。

Googleアナリティクス

「Google Analytics」を使うには「Googleアカウントが必要」なのでご注意を。

Google Analyticsの設定は超簡単

まず「Google Analytics」を使うならトラッキングコードを取得する必要がある。

で、トラッキングコードとは。

JavaScriptで記述されたグローバルサイトタグ。Google Analysticsへアカウント登録すると発行されるコード。Googleのサイトの測定、コンバージョン、トラッキング、リマーケティングサービスが活用できる。

と、重要なコードなわけだ。

「Google Analytics」にサイトを登録してトラッキングコードを取得するという手順になる。

なんだか難しく聞こえそうだが、これが本当に簡単なのだ。

それでは実際に画面を見せよう。

まずは「Google Analytics」へ。

左下にギアーマークがあるので選択する。

するとこんな画面になるのだが。

Google Analyticsの設定方法その1

ここで「アカウントを追加」することにする。

GoogleアカウントをAnalyticsに追加するわけだ。

それから紐づいたWebサイトをAnalyticsに登録する。

次にアカウントの列の隣にあるプロパティの列がある。

そこから「プロパティを追加」する。

プロパティとはWebサイトのことだ。

英語でプロパティとは所有物の意味になるからな。

プロパティでWebサイトを登録すれば完了。

そう、これだけ。

これであなたのサイトは「Google Analytics」によって分析してもらえるようになる。

と、思ったら大間違えだ。

まだやらねばならぬ。

それは「トラッキングコード」である。

忘れていただいては困る。

トラッキングコードを埋め込んで完了

プロパティを登録した後に「トラッキング情報」を選択する。

その中から「トラッキングコード」とあるので選択する。

するとトラッキングに関する情報ページが現れる。

ここで必要になってくる情報は2つある。

1つがトラッキングIDである。

もう1つがトラッキングコードである。

この2つはそれぞれ使用する場面が違うのだ。

まず初めにトラッキングIDはプラグインに使用する。

先ほども紹介したが「Yoast」や「All in One Seo」などのプラグインでトラッキングIDは使用することができるのだ。

もう1つのやり方がトラッキングコードを使用するパターン。

トラッキングコードをWordpressの「Header.php」に追記する。

このやり方はトラッキングIDをプラグインに入力するより上級向けなので、超初心者はやめたほうが火傷せずに済むだろう。

だが、少しでも知識がある人なら誰にでもできる手順なので覚えておきたいところだ。

「Header.php」の「<head>」タグと「</head>」の間にトラッキングコードを入力すれば良い。

これだけだ。

タグの間と言ってもどこにトラッキングコードを入力して良いかわからない場合。

結論、タグの間であればどこでも良い。

ただどこでも良いが後でわからなくなるのを避けるためにわたしは</head>タグの直前に入力しているようにしている。

これはきっとわたしだけではないはず。

以上で「Google Analytics」に自分のWebサイトを分析してもらう手順を終えようと思う。

全く何のことを言ってるかわからないと言うのであればこの作業はリスクがあるのでやめた方がいいだろう。

健闘を祈る。

今日も良い1日を。

      

-Wordpress

執筆者:


  1. […] 【WordPress】Google Analyticsのトラッキングコード設定! […]

  2. […] 【WordPress】Google Analyticsのトラッキングコード設定! […]

  3. […] 【Wordpress】Google Analyticsのトラッキングコード設定! […]

関連記事

しかし、わかるように努力するつもりであります。

【必須用語まとめ】WordPressのブログで必要な単語!

WordPressでブログを始めたが思ったより難しい。 IT出身じゃないから挫折したとか。 WordPressあるあるだ。 そこでよりWordpressを身近になるようにブログを運営しているわたしが必 …

必要最低限のファイルでWordpressのテーマを作成

【WordPressテーマ作成】最低限必要なファイルで作る!

ウェブサイトの運営を行う上で最近人気なソフトウェアWordpress。 WordPressがあればコーディング知識がなくとも立派なウェブサイトを作り上げることが可能だ。 またプラグインなど駆使すること …

【比較】無料ブログよりWordPress!オススメ理由!

【比較】無料ブログよりWordPress!オススメ理由!

ブログを始めようと思ってるけど、無料ブログとwordpressどっちがいいだろう。 無料ブログはダメとかwordpressがオススメと言われても。 と悩んでいる人へ。 無料ブログとWordpressの …

逆立ちしたって人は神様にはなれねえもんな

【WordPress】エックスサーバーでサブドメインを設定する方法!

特化サイトを作ったが他のテーマも書いてみたいと思うことはあるだろう。 その度に新しいドメインを取得していては金がかかって仕方ない。 だが、新しいドメインを取らずとも別のサイトを作ることは容易なのだ。 …

ptengineの解析コードをwordpressに設定する

【超簡単】リアルタイム解析ツール「PTengine」の設定方法!

ウェブサイトのアクセスを分析したいが、コードを追加するとかよくわからない。 と思われる人は多いだろう。 でも実際、コードの追加にプログラミング知識は全くと言っていいほどいらない。 必要なのは正しい「情 …

プロフィール

逆襲のジェリド

逆襲のジェリドは史実を覆すべく、復活を遂げた。時代はプログラミングを求める!俺を戦いに駆り立てたのは貴様だ!そんなこと言えるのかよ!

現役ITエンジニアフリーランス。得意分野はphp、Java、Javascript、VB.net、VBA。仕事についてはDMで。このブログではウェブかプログラミング、ガンダムについて徒然なるままに。

詳しくはこちら→ 詳細プロフィール