IT坊やだからさ。

ウェブディレクター/プログララマーの現役フリーランスが送るガンダム話

ウェブ

【PV至上主義は間違え】コンバージョン率の上げ方を改善!

投稿日:

コンバージョン率の上げ方を改善

「Google Analytics」はサイト運営者にとっては切っても切れない優秀なツールだ。

ただ優秀すぎる故に機能を使いこなせている人は多くない。

そこで「Google Analytics」の機能と役割をしっかり理解する取り組みの元、今回は「コンバージョン率」の上げ方の改善について共有しよう。

その前にコンバージョン率について認識を合わせておこう。

コンバージョン率(成約率、コンバージョンレート、CVRともいう)とは、Webサイトの目標に達した数を、目標に達する最初の段階に入った数で割った割合のこと。
インターネット広告やECサイトで、効率を計るために用いる。たとえばECサイトでは、ある商品を実際に購入したユーザーの数をその商品の紹介ページを見たユーザーの数で割れば、紹介ページのコンバージョン率が求まる。
また、メディアサイトのバナー広告では、バナー広告がクリックされた回数をバナー広告を表示した回数で割った値が、そのバナー広告のコンバージョン率である。
コンバージョン率の求め方ECサイトのある商品のページにおいて、訪問者数1,000人で購入者数10人だった場合のCVRを算出する。10/1000=0.01となり、この場合のCVRは 1% となる。

(索引者:コトバンクより)

コンバージョン率とはつまり商品やサービスの購入成約率といえばわかりやすい。

つまりコンバージョン率が高いサイトとは収益をたくさん産むドル箱サイトとも言える。

PV至上主義のウェブ業界だが、最近はコンバージョン率の方が重要という声も大きくなってきた。

わたしとしてもPV至上主義にはある程度賛成はするが反対意見も持ち合わせている。

それがコンバージョンの重要性である。

コンバージョン率がなぜ重要

さてPV至上主義と言われるウェブ業界だが、PVはそこまで重要ではない。

ある程度のPVは必要だが、それ以上に重要なのがコンバージョンである。

ウェブサイトの本当の目的は「伝える」ではない。

本当の目的は伝えた先の「ユーザーの行動」である。

ウェブページとはウェブサイトを訪問した人がウェブサイト記事を閲覧したことにより「次のアクション」を取った時に真価を発揮する。

ここまでを考えるとPVだけを参考にするのは「不十分」だとわかるはずだ。

PVで人が集まってきたが何もアクションがなかったのであれば「PV0」のサイトと価値は変わらないのである。

伝わっていないという言い方が最も正しいだろう。

「伝える」の先にある「次のアクション」を考えてウェブサイトは構築するものである。

この理論からすればコンバージョンこそ、ウェブサイトの最終ゴールにも感じる。

ウェブサイトのコンバージョンを上げる施策

ではここからよりテクニックな側面を書いていく。

コンバージョン率を上げる施策をいくつか並べてみよう。

ウェブサイトのファーストビュー

ウェブサイトへ訪問したユーザーが最初に目にするものはなんだろうか。

その画面にしっかりと「伝えたいこと」は含まれているだろうか。

これが「ファーストビュー」の重要性である。

具体的にはタイトルや挿入された画像、序章における説明文書などが挙げられる。

例を例えるとLPなどは想像しやすい。

LPはファーストビューでしっかりと商品を示している。

効果や費用はその後なのだ。

不要な要素が多い

実はブログに多く発生するのだが、ただ「書けば良い」は間違えである。

よくブロガーで「3000〜5000字の記事」を意識して書いていると謳う人がいる。

しかし、問題は文字数ではない。

Googleの検索基準として確かにある程度の文字数は必要になるが、本当に重要な情報が記述された記事であればわずか数百文字のページでも1位になっていたりする。

つまり文字数は絶対ではない。

むしろ、必要のない情報が多いとユーザーには「ストレス」が溜まるものだ。

簡潔で的確な情報だけで良い。

飾ろうとすればするほど逆効果であるのがコンバージョンの特性である。

文書の温度差がある

これもブロガーに多いのだが、より詳しくより凄く見せようとするあまりに、逆効果になっていることがある。

例えばわたしのサイトを例にしてみよう。

このサイトは基本は「ガンダム」と「プログラミング」を書いている。

ユーザーはこれらに興味がある人が集まってくる想定である。

ところが、「ガンダム」と「プログラミング」のことを説明する際に、他の分野の知識を深く例えたらどう思うだろうか。

ユーザーからすれば「?」が残る。

つまり後味が悪い記事になるのだ。

文書を作る時はどのユーザーに向けて発信しているのか考えて構成しなければならない。

売りたい欲望丸出し記事

わたしはこの手の記事を全く見なくなった。

それは「簡単に〜」「誰でも〜」「〜をやらないと損」などのタイトルで始まる記事だ。

PV至上主義であるが故の行動だろう。

「神の声」を吹きかける人がなんと多いことだろう。

この手の記事は情弱には届くだろう。

しかし、ユーザーもいつまでも同じ手には乗らない。

「神の声」で押し売りをしようとするウェブサイト運営者はそろそろ思考を変えてみてはいかがだろうか。

コンテンツにオリジナリティが存在しない

上記の「神の声」を発するブロガーにはもう1つ特徴がある。

それはオリジナリティがない点だ。

同じ商品、同じサービスを売る必要があるが故にオリジナリティが存在しない。

一意性がないので特にその人から買う必要はない。

オリジナリティがあってこそコンバージョンに辿り着くのだ。

コンバージョン率を改善するのはテクニックではない

コンバージョン率を改善するテクニックを並べてみた。

ところが、わたしはコンバージョン率の改善はテクニックだと思っていない。

先ほどのテクニックは最低限のものであって、その上のプラスアルファが必要になってくる。

ではそのプラスアルファとは何だろうか。

そこは思考であると考える。

ユーザーのためを思った商品アプローチなのか。

ただ売りたいだけの商品アプローチなのか。

結局インターネットとは言え、作るものも人間、買うものも人間である。

双方が人間である以上、人間の思考を大事にしているウェブサイトが生き残る。

トップブロガーと呼ばれる人たちのブログにはステートメントがしっかり現れている。

コンバージョン率の改善には思考の改善が必要である。

斯くなるわたしは、人生の改善が必要である。

今日も良い1日を。

      

-ウェブ

執筆者:

関連記事

アナリティクスの用語理解してる?直帰率と離脱率の違い徹底解説!

アナリティクスの用語理解してる?直帰率と離脱率の違い徹底解説!

最近は専らサイトのアクセス解析を担当している。 その前に漢字で「専ら」と書くことが久しぶりが故にわたしの語彙力の低下を防ぎたい。 日本人としてどうなのだろうか。 「サイト」「アクセス」など横文字ばかり …

【キャッシュクリア】CSSの設定が反映されない時にやるべき事!

【キャッシュクリア】CSSの設定が反映されない時の対応!

ウェブサイトは様々な要素から構成されている。 構成要素の1つに「CSSファイル」というデザイン設計に欠かせない重要なファイルがある。 この「CSSファイル」を修正するもウェブサイトの画面が変わらない。 …

GoogleChromeのリダイレクト問題解決策

【Google Chrome】勝手にページがリダイレクトされる時の対処方法!

先日より使っているGoogle Chromeが時折変な動きをする。 それは決まってこのサイトへリダイレクトされてしまうという現象だ。 (このサイトにアクセスしないでください、ウイルス感染しても責任はと …

サイトのページ表示スピード計測ツール

サイトの表示スピードチェックツールはこの5つで十分!

調べていて最もハラタツ瞬間。 それはページが表示されないことだ。 わたしはせっかちな性格なので、調べ物をしている時こそ、スピードが命の人間である。 そんな時にレスポンスの悪いサイトがあったら即終了。 …

googleadsenseの配置は適切ですか

【Google AdSense注意点】アドセンス広告の適切な方法!

割と真面目な質問で「Google AdSense」広告の貼り付け方を聞かれたので答えてみた。 確かにサイト運営において広告の配置は非常に重要なポイントだ。 なぜなら広告はサイト閲覧者からすれば邪魔な存 …

プロフィール

逆襲のジェリド

逆襲のジェリドは史実を覆すべく、復活を遂げた。時代はプログラミングを求める!俺を戦いに駆り立てたのは貴様だ!そんなこと言えるのかよ!

現役ITエンジニアフリーランス。得意分野はphp、Java、Javascript、VB.net、VBA。仕事についてはDMで。このブログではウェブかプログラミング、ガンダムについて徒然なるままに。

詳しくはこちら→ 詳細プロフィール